きょうのひとりもん

川崎在住、ひとりもんのブログです。食べたり飲んだりしてます。

川崎区小川町の「ゆで太郎」で一人飲み

こんばんは。今日はお得な情報をご紹介。とにかく安く酔いたいという人の割合が全国平均の80倍を誇る川崎区民の皆様に特にオススメです。

f:id:today_hitorimon:20180912201339j:plain

はい、ご存知ゆで太郎です。別に川崎区じゃなくてもいいじゃねえかと思いましたよね。私もそう思います。

f:id:today_hitorimon:20180912201454j:plain

川崎駅東口には2つのゆで太郎がありますが、小土呂橋すぐのこちらは大きなショーケースがチャームポイント。見てください、ショーケースの持て余しかた。店の顔たる食品サンプルがビールしか無いというのは、店としてどうなんですかね。しまいにはフィギュアまでありますね。これでこそゆで太郎。素晴らしい。

f:id:today_hitorimon:20180912202421j:plain

今回の目的、10番の券売機が見えてきました。ゆで呑みセットと銘打たれた800円のセットでアルコールが2杯とそばが付くそうです。安い!と思って息巻いて頼み、やる気のやの字も無い店員にビール2杯とかけそばを注文したのはいいのですが。。。

f:id:today_hitorimon:20180913213720j:plain

待っているうち、ふと考えました。何で飲めば良いのだろうと。相当なツウはそばだけで酒が飲めるそうですが、それで飲めるのは日本酒と聞いたし、そもそもゆで太郎なのでそんな上級な飲み方がデキるとは思えないので、急いで追加しました。

f:id:today_hitorimon:20180913213533j:plain

その結果がこちら。150円のカレールーを追加注文したことにより少しは見栄えがよくなりました。

カレールーをアテにするのは初めてだったのですが、程よい辛さとダシの効いたそば屋のカレーといった風情でグイグイビールが進みました。

一方そばとの相性は悪く、潔くシメに食べようと即座に切り替えたのが功を奏しました。ビール2杯に四苦八苦しましたが、一人飲みも慣れてきたもんで、こういった応用が効くようになってきました。

いかがでしたでしょうか。800円でそばと酒2杯は確かにお得ですが、あくまでツマミの注文ありきのメニューだなと実感した次第。ゆで太郎、なかなか上級者向けのメニューを出してきましたね。天盛りを頼めば間違いないのでしょうが、そうすると単品で頼むのとあまり変わらず、頼む人のセンスが問われそうです。金が無いけど腕に自信のある方は是非!

きょうもひとりもんでした、ではまた。