きょうのひとりもん

川崎在住、ひとりもんのブログです。食べたり飲んだりしてます。

仲見世の「中華料理 天龍」で一人飲み

こんばんは。今日は行ってそうで行ってなかった、実はちょっと避けていたお店をご紹介します。

f:id:today_hitorimon:20180917201630j:plain

川崎では知らない人はいないという中華料理屋、天龍です。駅前には何店舗もあって、銀座街にある店はいつも行列ができるほど混んでいるのですが、ここ仲見世通りの方はわりと空いていました。こっちはいわゆる歓楽街にあって、そんなにガラが良くないので仕方がないと思います。まあ私には関係ないですけどね。

f:id:today_hitorimon:20180917202303j:plain

カウンター席に通されると、店員としての体を成してないほどに無愛想な人が水を渡してきます。なんとなく「現地」感があって緊張します。でも紙ナプキンに店名が印刷してあるお店は信用できるとどこかの本で読んだので、安心して瓶ビールを注文しました。

f:id:today_hitorimon:20180917202604j:plain

取り急ぎキリンの秋味で乾杯。秋味、美味しいですよね。プレモルほどのいやらしさも無く、食事に合うビールとしては一番美味しいんじゃないですかね。

f:id:today_hitorimon:20180917202859j:plain

あまりお腹も空いていなかったので、アテに前菜から2品ぐらい頼むことにしました。街の中華やさんというには、少し高いですよね。思っていたよりもお高い店で多少面食らいました。

f:id:today_hitorimon:20180917203448j:plain

こちらはおつまみチャーシュー、700円。なんか写真と全然違うのが出てきました。チャーシューと大量の辛味ネギがいい感じです。でも結構辛いです。チャーシューそのものはお上品なお味、なんか全般的に思ってたのと違いました。いい意味でですよ。

f:id:today_hitorimon:20180917203856j:plain

もう一つはニラ玉、850円。シャキシャキ目のニラとしっかり火の通った卵、そしてキクラゲ。こちらは控えめな味付けで、チャーシューを先に食べていたので切り替えが大変でした。まあでも高いですね。

f:id:today_hitorimon:20180917204119j:plain

このお皿の小僧たちは一体どこを見ているのでしょうか。

いやー、全般的に面食らってしまいました。高級店とは言わないまでも、それなりの値段なので普段遣いというわけにはいきませんね。かといって高級感があるわけでもないので、中高年がフラッと気軽に入れるぐらいのお店なのでしょうか。ちょっと私には早かったみたいです。

きょうもひとりもんでした、ではまた。